中古車を買う時に必要な印鑑証明の取り方

はじめて自動車を購入した時は中古車でしたが、中古車にしても新車にしても必要なのが印鑑証明です。
印鑑証明は印鑑のうち実印と呼ばれるもので、自治体で印鑑登録を行っているものです。普段生活していて必要なものではなく自動車の売買や不動産取引、公正証書の作成など公的な書類を作成するさいに、その人の印鑑であることを証明するというものです。わたしの場合にはそれまで実印が必要なシーンはなく中古車を購入するために急遽作ることになりました。

印鑑証明はあくまでも自治体などに登録するもので、印鑑に関してはすでに四方8ミリ以上、25ミリ以下のものであれば、氏名、職業、資格などを表現したものであれば登録することができます。ただしゴム印など変形するものはダメで、通常の彫り込まれた印鑑を用意する必要があります。細かいルールは自治体によって違うようですが、わたしの場合には昔に作った苗字のみの印鑑があったので、それを利用しました。登録そのものは自治体の窓口に行き、申込書類に必要事項を書き込み本人確認書類を添付するだけです。手数料は自治体によって変わるようですが、300円程度で行うことができました。

わたしの場合には本人確認書類は写真付きの運転免許証があったので、即日登録が可能でしたが、写真がない健康保険証などの場合には登録に数日掛かるようです。登録した時点で印鑑証明書を貰ったので、その日のうちに中古車の購入契約をすることができました。

アイシスの中古車に乗った感想

TOYOTAのアイシスの中古車に乗っての体感談を書きたいと思います。ファミリーカーにする目的で購入するなら、人気のヴォクシーやノアも良いのですが、アイシスを選ぶのもおすすめします。中古車なら50万円から100万円のクラスで購入が出来るファミリーカーです。駐車場では隣の車にドアを当てる心配が無いスライドドアで、子育てのファミリーに向いています。車高の低いスライドドアのファミリーカーは、赤ちゃんや幼児をチャイルドシートに乗せやすいです。

 使い勝手が良いサイズの車で、車内空間が広く荷物も沢山積めることが出来ます。運転席からスライドドアをボタン1つ押せば開けることが出来るので、大変便利な車です。家族が荷物を抱えて車に戻って来たときに、運転席からドアが簡単に開くことは大変喜んでいます。

 高速道路ではエンジンが1.8Lなのでややパワー不足は感じますが、安定したハンドリングを感じることが出来ます。それは車高が高いファミリーカーに比べると、アイシスは車高が低いので運転性が良いのだと思います。燃費は1リットル13kmから14kmですので、このクラスの他の車に比べると良い部類に入るのではと思います。
 車のデザインは、飽きのこないデザインです。2004年の販売以降フルモデルチェンジは全く行われていないので、何年経っても古臭さを感じないのだと思います。ファミリーカーをお探しの方は、アイシスを選択肢の1つに入れてみて下さい。