新車の一回目の車検費用

新車を購入すると1回目の車検は3年後となっており、その後の二回目以降は2年ごとなっています。軽の新車を購入し、一回目の車検となると、車検に適合しない箇所は特にないので消耗品類の交換程度で済みます。仮にディーラーで受けるとすると重量税で2万未満、自賠責保険で2万、整備費用で2万くらいですのでだいたい6万くあらいあれば十分な点検が行えるといった感じです。もっと初期費用を安く抑えたいという方はガソリンスタンドで受けると、ディーラーよりは整備費用が安くなるので金額を抑えることが可能です。

しかし、新車3年目の一回目の車検となると抑えておきたいポイントがあります。それは、電装関係の保証がきれるということです。ガソリンスタンドなどではメーカー保証を使うことはできないので、保証が使える場合などはディーラーをお勧めします。前述したように一回目の車検なので特に差が開くとすれば整備費用のみです。自賠責保険と重量税はどこの民間で受けても差がつくことはまずないです。ディーラーでもだいたい2万ですので民間で受けた場合の差額は1万もないと思います。

ですので、ワイパーゴムや、オイル類等は安いショップなどで購入したりもできるのでおおよその金額は6万くらいだとおもいます。実際に私はディーラーさんで受けましたので6万前後で済みました。しかし、ミニバンクラスになってくるとどうしても重量税が高くなってくるので8万くらいはかかるとおもいます。